(公式)全国対応 名古屋・愛知・三重でのポスティングはポストサービスへ

名古屋ポストサービス

052-218-5615

受付:平日10-18時

お問い合わせ
Facebookリンク

HOME > 新着情報 > 新聞折り込み広告の減少が顕著です。

新聞折り込み広告の減少が顕著です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでスーパーマーケットや家電量販店など、

多くの小売店様が新聞折込広告を利用してきましたが、

新聞自体の発行部数の減少が加速し、新聞折込広告の消費者到達率がかなり低下しています。

日本新聞協会のデータによると昨年2019年の新聞発行部数は3781万1248部であり、

2018年から5%減少したとのことです。

5%を超える減少は2年連続で10年前から比べると約1200万部も減少したそうです。

さらに新聞販売店の数ですが、2010年には19,261店ありましたが、

2019年には15,344店と約30%もの販売店が閉店していることになります。

インターネットの普及により、スマートフォンやタブレット、

PCを利用して日々のニュースやスポーツの結果などを容易に閲覧できる様になったことから

新聞の読者離れが顕著になったことがこの一因ですが、

さらに新聞販売店の経営を窮地に追い込んだのが折込チラシの減少なのだそうです。

実はこの折込チラシが販売店の主要な収入源だったからなのです。

ある東京都内の新聞販売店によると、この数年購読者が年間5〜7%の減少であるのに対し、

折込チラシによる収入が年間で10%程度減少しているそうです。

販売部数が減少している販売店にとって、折込チラシが利益の源泉なのです。

しかしその折込チラシ自体が大きく減少していることが経営難に拍車をかけてしまっているということになります。

コロナウイルス禍が落ち着けば今数字も戻るだろうという声も一部にはあるものの、

今般のコロナウイルス禍が起きる前から折込チラシは減少しており、

さらにこの上深刻な折込不況が到来するという指摘もあるのです。

新聞販売店にとって、折込チラシ収入が戻ると見るのは楽観的かも知れません。

 

「コロナ禍が落ち着いた後、折込チラシが戻って欲しいという願望はありますが、

実際に戻るとは思えません。」

 

とある販売店経営者は話していました。

この様に新聞折込広告に関してはどんどん消費者への到達率が減少しております。

これに比べてポスティングは高い消費者到達率があり、

その目安の配布カバー率も新聞折込広告を大きく引き離しています。

 

※詳しい配布可能数に関してはこちらをご覧下さい。

http://ateservice.net/news/知りたく無いですか?配布可能枚数

 

実際に新聞折込広告からポスティングに切り替えた小売店様も多くいらっしゃいます。

これまで新聞折込広告を利用し、ポスティングへの切り替えをご検討されているお客様、

ぜひポストサービスへご相談下さい。

 


ページトップへ