(公式)全国対応 名古屋・愛知・三重でのポスティングはポストサービスへ

名古屋ポストサービス

052-218-5615

受付:平日10-18時

お問い合わせ
Facebookリンク

HOME > 新着情報 > お知らせ >

新聞業界が生き残りをかけています。
政治や経済情勢、国際情勢やスポーツの結果など、
地域の身近な話題を含め、様々なニュースを届ける新聞。
その中には新聞だけではなく折込広告もあり、
一昔前までは重要なメディアとして重宝されてきました。
人々の生活に必要とされる情報を伝える上で、
最近は新型コロナウイルスに関する報道が大きな役割を担いますが、
デジタル化社会が急激に進む今、新聞そのもののあり方が
大きな岐路に立たされている様です。
 
新聞協会のまとめでは、一般紙・スポーツ紙を含めた
全国の新聞発行部数がこの20年で30%以上も減少しており、
今となっては全世帯の40%近くが新聞を購読していないのが
現状と言われており、この数字も全国レベルであって
首都圏に至ってはさらに購読者数が少ないと言われています。
新聞販売店は読者の減少に歯止めがかからない状況を
強く感じていると言います。
 
「電子版」を申し込むと新聞がついてくる!
沖縄県の地方紙では昨年の11月からそれまで有料としていた電子版を「紙」に無料でセット販売を開始したそうです。
「紙を読んで頂くお客様には、デジタルも無料で読んで頂けますよ!」
言い方を変えると
「電子版を申し込んでくれると、”新聞”も無料で読んで頂けます!」
ということになります。
この地方紙が電子版を無料にしたのはこれ以上の
読者離れを食い止めると同時に、新たな読者層の獲得につなげる戦略が
あるのです。
全世界どこにいても朝5時になればその紙面を読めるというのが
デジタルの強み。
ホームページにアクセスする人の傾向を見ても、
本州以北の人が多いそうです。
世界中の沖縄県人もいますし、地方の状況を伝える大きな情報源に
なるのではないかと期待しているそうです。
さらにこちらでは人工知能がニュースを音声で
伝えるコンテンツも始めたそうです。
「家事をしながら、歩きながら、何かをしながらニュースを聞く人に
届けられたらと思って。幅広いニーズにニュースを配信するための
取り組みです。」
と記者の方は言います。
これまでもこの会社は県内のニュースをYahoo!ニュースやLINEなど様々な
プラットフォームを通じ配信してきた様です。
 
新聞業界も何とか購読者離れ対策を取り、様々な施策を講じていますが、
電子版には折込広告はありません。
とはいうものの、昔からチラシに対するニーズは高いことから
「チラシを届ける」
という行動自体がポスティングにシフトチェンジされているという状況は
否めません。
これまで新聞折込を利用してきて満足の行く効果が得られなかった
経営者の方、新聞折込での告知を検討されている方、
ぜひポスティングもご検討下さい。
その際はぜひ、名古屋ポストサービスにご相談下さい。


ページトップへ